ソフトウェア

トップページ  >>  ソフトウェア

このページでは,付属CD-ROMに収録されているソフトウェア(Octave, gnuplot, Cygwin, Fink等)のインストール,動作環境やそれらの利用法について追加的な情報を提供します。

インストール関連

はじめに」で述べているように, 『計量経済学の基礎』付属CD-ROMに収録されているインストーラおよび各種ソフトウェアは,Windows OS および Mac OS X の下記のバージョンで動作が確認されています。

  • Windows 2000, XP
  • Mac OS X 10.4.x (Intel および PPC)

本の刊行後に発売されたバージョンの Windows および Mac OS X への対応状況は以下の通りです。また,他の OS での実習環境の構築についてもこのセクションの最後に触れます。

Windows Vista および Windows 7 への対応

付属CD-ROM収録のソフトウェアは,Windows Vista や Windows 7 では正常に動作しません。これらのバージョンの Windows OS をお使いの方々のために,Windows Vista & 7 用のインストール・パッケージ (ソフトウェア・インストーラおよび解説文書) を作成しました。読者の方は,Vista7用インストーラ のページからダウンロードできます。

Mac OS X 10.6.x への対応

付属 CD-ROM に収録されている SoftwareInstaller10.4Intel, AdditionalInstaller10.4Intel, HomeDirectorySetup は,Mac OS X 10.6.x (Snow Leopard) でも正常に機能します。ただし,HomeDirectorySetup による設定だけでは,Snow Leopard における実習環境のセットアップとしては若干の不足があります。

Snow Leopard での実習用ソフトウェアのインストールと実習環境のセットアップについての詳細は,Snow Leopardでのインストール のページをご覧ください。

Mac OS X 10.5.x への対応

付属 CD-ROM に収録されている SoftwareInstaller10.4*, AdditionalInstaller10.4*, HomeDirectorySetup は,Mac OS X 10.5.x (Leopard) でも正常に機能します。ただし,HomeDirectorySetup による設定だけでは,Leopard における実習環境のセットアップは十分ではありません。また,初期のLeopard に付属している X11 には若干の問題があり,Leopard のバージョンを 10.5.2 以上に上げる必要があります。

Leopard での実習用ソフトウェアのインストールと実習環境のセットアップについての詳細は,Leopardでのインストール のページをご覧ください。

Mac OS X 10.3.x (PPC) への対応

付属CD-ROM収録のソフトウェアは,Mac OS X 10.4.x (Tiger) を前提としており,10.3.x (Panther) では動作しません。読者のご要望にお応えして,Panther 用ソフトウェア・インストーラを用意しました。『計量経済学の基礎』読者の方は Panther用インストーラ のページからダウンロードできます。

他のOSでの実習環境の構築

Unix系OS (個人での使用を前提とすれば, *BSD や GNU/Linux 各ディストリビューション) の多くでは,Octave (とgnuplot) の導入は容易でしょう。したがって,『計量経済学の基礎』の実習のための環境は簡単に整えることができます。(ただし,インストールされる Octave や gnuplot のバージョンがCD-ROM収録のものと大きく異なる場合,サンプル・スクリプト等が作者の意図通り動作しない可能性があります。) 他のOSでの実習 のページをお読みください。

利用法関連

WWW上の有用な情報

『計量経済学の基礎』付属CD-ROM収録の readme.pdf で言及した以外の webサイトを紹介します。

Mac OS X で Octave を使う別の方法

『計量経済学の基礎』の中では,X11 環境において Octave (および gnuplot) を利用する方法を紹介していますが,これは,Mac OS X において Octave を使うための唯一の方法ではありません。ここでは,Mac OS X (10.3.x, 10.4.x, 10.5.x) において Octave を使う別のやり方を紹介しましょう。...

続き